CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
在宅仕事表と裏9
 ある在宅仕事に取り組み始めて3ヶ月あまりたった頃に、そのビジネスに登録するための初期費用の値段が上がることになりました。

 理由としては、現在の会員の方への還元率を上げるためという名目でした。変更になったのは初期費用だけで、毎月のリピート代はそのままでした。
 元々その在宅ビジネスは、一万ちょっとで始められるビジネスだったのですが、料金改定で3万ちょっとの初期費用が必要になりました。
 その代わりに、今までなかった紹介者が出せなくても商品を購入するだけでボーナスを得られるというオートシップボーナスが新たに出来ました。

 正直言いまして、最初私はこの改定に大反対で、最悪の改訂だと思いました。

 理由は

●1万円代と3万円代では正直値段が上がりすぎで、登録する人が減る恐れがある。

●オートシップボーナスも恩恵を受けるのは既に毎月かなりの収入を得ている上位アップだけである。

という上記2点です。

在宅仕事等に取り組みむ時は、基本的には毎月の収入が元来そんなに多く有るわけでなく、だからこそ副収入をえて生活を楽にしたいという気持ちから始められる方がほとんどだと思われます。
 そういう人にとって最初の費用、毎月のかかる費用というのは重要な問題であって、その中で在宅仕事を選択する際に、最初に3万かかるか、1万かかるかでは大きな違いが出ると私は思いました。
正直3万少しもかかるのなら最初の選択肢から省いてしまいかねない、自分なら省くと考えました。

 オートシップの問題も、結局毎月のボーナスを安定的に欲しい、上位アップの方が、紹介者を出せなくてビジネスを途中で止めてしまうダウンを繋ぎ止めるための落とし文句で作ったのだと考えました(ボーナス改定等の案は会員の意見を反映したものでしたので)。

 ですので、私は情けない話自分のアップにこれは最悪だとしばらくかなり愚痴のような相談ばかりし悩んでいました。

 しかし、ふとよく考えたときに全く改悪なわけではないという考えに変わりました。理由は次回書こうと思います。





" target="_blank">人気ランキングに参加しています1クリックして頂ければ幸いです。
| 在宅仕事選択基準 | 16:16 | comments(28) | trackbacks(387) |
| 1/52PAGES | >>